前のページへもどる

院内設備

CTスキャンで安全な治療

CTスキャンによる3次元データ解析で、正確な診断・診療を提供しています。

歯科治療の新たな方法として注目されているレーザー治療

人にやさしいレーザー治療で患者様の負担を大幅に軽減できます。
高機能を組み込んだ2台のレーザーにより、むし歯・歯周病だけでなく顎関節症や口内炎など、治療の対応の幅をグンと広げました。

主な使用目的

・むし歯除去
・歯周ポケットへの照射
・歯石除去
・歯肉整形
・歯肉切開、切除、止血
・口内炎の凝固層形成
・小帯切除
・色素沈着除去
・顎関節の痛みの緩和
・細胞活性化による治療促進効果

Er:YAGレーザー

水への高い吸収性が特徴

Er:YAGレーザーは、水への高い吸収性から多くのレーザー波長の中で歯科医療にもっとも ふさわしいと言われています。
Er:YAGレーザーは、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、しかもそれは表層のみにおこると考えられています。
また、照射野周囲の照射エネルギー密度は低く、周囲組織への影響はほとんどありません。

Er:YAGレーザー照射高速写真映像

Er:YAGレーザー照射高速写真映像

Er:YAGレーザー照射高速写真映像

Er:YAGレーザー照射高速写真映像

体の表面のみ反応

Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されて行われるため、 他のレーザーのように透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。
またエナメル質にクラックが起こりにくい、熱の発生が微少、痛みが非常に少ないなども魅力の一つです。

レーザー照射方向の模式図

CTスキャンの3次元データ解析

[Er:YAGレーザー治療例へ]

このページの先頭へ