前のページへもどる

Q&A (よくある質問)

一日何回噛んでますか?

一日何回噛んでますか?

現代はハンバーグやスパゲッティなどの柔らかい食べ物が多くなり、「よく噛んで食べる」 ことが忘れられがちです。

古代の女王卑弥呼は、食事に約1時間かけ4000回も噛んでいたと言われています。それが現代人はわずか11分足らずで、600回くらいしか噛まないそうです。

早飯は百害あって一利なしです。噛まない食生活がわたしたちの健康を脅かしている事実を少し、真剣に見つめてみましょう。

「噛む」と防げるガンとボケ

噛むときに分泌される唾液の中にある酵素(ペルオキシターゼ)は、発ガン性物質の毒性を消す働きをします。また、唾液の中には、成人病を予防する働きをもったり、脳の発達や老化に関係しているホルモンがあり、よく噛むほど唾液もよく出て脳の働きを活発にします。ガンや成人病にならず、ボケないためにも、「よく噛む」ことが大事というわけです。

よく噛んで肥満に勝つ

肥満は成人病の温床。肥満の最大の原因は食べ過ぎ。そして食べ過ぎの人には「早ぐい」が多いのです。早く食べると、脳が血液中の成分変化の情報をキャッチするまでの間に食べ過ぎてしまうのです。肥満を防ぐためによく噛んでゆっくり食べましょう。ひと口30回は噛みましょう。

よく噛んでハンサム・美人になろう

小さいときによく噛まないと、アゴの骨が十分発達しないため、大人の歯がキチンとはえるスペースがなくなり、歯並びが悪くなります。当然噛み合わせも悪くなって、いっそう噛みにくくなります。
美容と健康のために、硬いものをよく噛んで食べて、アゴの骨と筋肉を鍛えましょう。平安美人も古代の美人も、硬いものを時間をかけて食べたからうまれたのです。

卑弥呼は何を食べていた?

~ 時代別食事時間 & 噛み噛み回数くらべ ~

アゴと歯はどんどん小さくなっている

アゴと歯はどんどん小さくなっている

人類の歯とアゴは、昔と比べてどんどん小さくなっています。

その理由は、人類の進歩すなわち火を発見し、あぶったり炊いたりして食べるようになって食べ物が変わり、その結果ムシャムシャ噛む回数が減ったからなのです。

特にアゴの方が歯よりも急激に小さくなったため、歯が狭いアゴに並びきれなくなって乱ぐい歯や出っ歯になったりするのです(不正咬合といいます)。

アゴがすっきり細面の現代っ子が、ニッと笑うと八重歯がニョキッというのは、チャーミングかもしれませんが決して健康的とは言えないのです。

卑弥呼の食事時間 51分 3990回も噛んでいた?

邪馬台国の女王卑弥呼は弥生時代の人。神奈川歯科大学の斎藤滋先生がそのころ(紀元189年ころ)の食事を再現しました。献立をみると

《古代人の献立》 《現代人の献立》

主 食…蒸したもち米(玄米1合)
木の香…くるみ2個、クリ2個
香の物…ノビル2個、もろみ少々
干 物…コマイ半匹
煮 物…長芋2切れ
焼 物…アユの塩焼き2匹
潮 汁…ハマグリ2個

コーンスープ1杯
ハンバーグ1個
スパゲッティ半皿
ポテトサラダ少々
プリン1個
パン小2個

けっこういいものを食べていたんですね。でも、とても固い。これを女子大生に試食してもらったところ、なんと51分、約4千回噛んだところでギブアップだったそうです。
江戸時代、将軍徳川家康は、美食家として知られていますが、実際にはかなり柔らかい食事です。
カタカナのメニューです。食事時間は11分、噛む回数は620回、これではアゴは鍛えられません。
どこまで細くなってゆくのでしょう…。ちょっと心配ですね。
時代 平均値(食事時間/噛んだ回数)
卑弥呼 51分/3,990回
紫 式部 31分/1,366回
源 頼朝 29分/2,654回
徳川家康 22分/1,465回
戦 前 22分/1,420回
現 代 11分/620回

このページの先頭へ