前のページへもどる

Q&A (よくある質問)

ブラッシング

歯ブラシの寿命と選び方

歯ブラシの寿命と選び方

どんな歯ブラシがよいのでしょうか?

薬局やスーパーマーケットへ行くと、さまざまな種類の歯ブラシが並んでいてどれを選んでよいか分からなくなってしまいますが、自分に適した歯ブラシで毎日きちんと歯をみがくことが大事です。
硬い毛の歯ブラシの欠点は、歯ぐきを傷つけたり、歯の表面を削り取ったりする恐れがあることです。逆に軟らかすぎるものは、汚れを落とす能力に欠けるのが欠点です。
歯ブラシの毛先や柄のサイズはできるだけ小さめのもので、口の中全体に毛先が十分に届くことが大切です。毛の密生したものや動物の毛は乾燥しにくく、不潔になりやすいので、ナイロン毛が良いでしょう。

歯ブラシの寿命は?

歯ブラシは一ヵ月に一度取り替えることをおすすめします。また、毛先が開いてしまった歯ブラシは早く取り替えて下さい。もしも1ヵ月で毛先が開いたりする人は、歯をみがく時に力が入りすぎています。

どんな歯みがき剤がよいのですか?

歯みがき剤はいろいろありますが、研磨剤が含まれているので、使い過ぎると歯が擦り減ってしまいます。歯みがき剤は、大体ブラシの毛の先にほんのすこしつける程度で十分です。歯の表面をゴシゴシ力一杯こするのは、よくありません。こすりすぎには注意しましょう。

上手な歯のみがき方

本当は毎食後歯みがきするのが一番良いのですが、
なかなか時間は作れないものです。

そこで、みがき残しがあることを知って、
歯垢のつきやすい部分や自分の癖を知ることが重要です。

その方法とは…

虫歯

Step1. いつものようにブラッシングする。
Step2. カラーテスター(歯垢染出液)で歯垢のついている所を染め出します。
Step3. 赤く染まった箇所を確認して「毛先みがき」でみがいていく。
Step4. 最後に「確認染め」をします。

「毛先みがき」とは、どのようなみがき方なのでしょうか?

毛先というのは、歯ブラシのナイロン毛の先端のことを指します。それからナイロン毛を歯の表面に直角に当ててこすります。そうすると、確実に歯垢が取れます。歯は立体なので歯の面を3つに分け、ブラシの先端を直角に当てることが必要になってきます。ブラシの刷面も分割して、直角に当ててこするようにして下さい。

「毛先みがき」のポイント

Point1. 必ず毛先を使うこと
Point2. 歯の面に直角に当てること
Point3. 力を入れないでこすること
Point4. 歯ブラシの持ち方を自由にかえること

毛先を使ったブラッシング

歯みがきをしているのに、ムシ歯ができてしまうのは、歯のみがき方に問題があるからです。
みがき方は、いくつかありますが、その中の1つバス法を紹介します。

バス法

バス法

歯ぐきの歯の根からはがれた所をポケットと呼びます。ここには歯垢・歯石がたまりやすく、ばい菌の巣になり、歯周病、歯肉炎の原因となります。バス法はそれを防ぐのに適したみがき方です。歯みがきの方法は、歯軸に対し45度の角度で、歯と歯ぐきの間に毛先を入れ、1mm程度のストロークで前後に細かく歯ブラシを動かします。この時毛先が歯と歯ぐきの境目から離れないようにします。離れるとせっかくの効果がなくなります。

これで正しい歯のみがき方が分かりましたね。どうか、毎日の歯みがきを大切に。

このページの先頭へ