前のページへもどる

院内設備

CTスキャンで安全な治療

CTスキャンによる3次元データ解析で、正確な診断・診療を提供しています。

より安全に診療・診断を行うためCTスキャンを導入しています。

 

当院では、診断や治療に従来のレントゲンよりも、歯や骨、骨の内部をより正確に把握するために、CTスキャン(CT診断装置)を使用して、安全な治療に取り組んでいます。

インプラントをはじめ、歯や骨の位置関係を制作に把握し、術前シミュレーションを行う際に効果的な装置です。

また、術後についても、治療後の経過を確認するために利用しています。

CTスキャン装置

見えなかった部分がCTスキャンで見えるようになった

見えない部分がCTスキャンで見えるようになった

これまで、見えなかった部分が「パノラマ」「セファロ」「CT」と撮影が可能です。
このことで、より正確でさらに高度な治療を提供することができるようになりました。

高画質で鮮やかなデジタル画像

高画質で鮮やかなデジタル画像

高画質で鮮やかなデジタル画像は、硬組織、軟組織そえぞれを強調して表示させることができます。又、クロスセクション(歯槽骨断面)表示、下顎神経や骨幅などの状態を歯槽骨断面で表示することにより正確に把握することが可能です。
埋伏智歯の歯根の状態を見たり、インプラントの植立方向を診査する際、非常に有効です。

3D映像による術前シミュレーション

CTスキャンの3次元データ解析

インプラントの場合、インプラントを埋め込む位置や角度をCTスキャンによって、得られた3次元データからを使って、綿密なシミュレーションに使用しています。これまでの平面によるレントゲンよりも精度の高い治療が可能となりました。

[CTスキャン撮影症例へ]

このページの先頭へ