前のページへもどる

症例紹介

インプラント

インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。
インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。

症例1 - インプラント2本植立

インプラント

歯根部だけをあごの骨に埋め込みます。

インプラント

歯根部の上に人工歯の土台となる部分(支台部) を取り付けます。

インプラント

支台の上に人工歯を装着して完成です。

インプラント

インプラント治療後はお手入れをきちんとして、正しく使うことが大切です。

症例2 - インプラント4本植立

インプラント

人工歯根の材料はチタンという金属で、骨と強く結合する性質を持っています。

インプラント

インプラントの技術は、歯が一本だけない場合から全部ない場合まで、広く応用されています。

インプラント

患者様の歯に合わせた人工歯を製作します。

インプラント

装着して完成です。

症例3 - インプラント1本植立

インプラント

ぐらぐらして、抜かないといけない歯がありました。

インプラント

インプラント

インプラント

自然な形に仕上げて完成です。

このページの先頭へ