前のページへもどる

症例紹介

歯周病

歯周病は、読んで字のごとく、「歯の周りの病気」です。
成人の70%が歯周病といわれています。歯を支える歯肉や骨をじわじわと破壊する歯周病は「静かなる病気」といわれるほど気がつきにくい病気です。気がついた時には意外に進行しているケースが多く、歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。

歯周病にみられる症状

歯周病菌 ・歯がムズがゆい感じがする。
・口臭が気になる。
・歯肉が赤く腫れる
・唾液がネバネバする。
・歯磨きの時に出血する。
・朝起きた時に口の中が気持ち悪い。
・歯肉から膿が出る。
・食べ物がかみづらい。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯を支える骨が破壊されると支えがなくなり、歯がグラグラして自然に抜けてしまいます。

歯周病の予防方法

歯石除去

● 歯石除去
歯を支えている周りの組織が病気になった状態を歯周病といいます。歯周病もムシ歯と同様、悪い食生活の結果、食べ物のカスについた細菌が歯の表面に歯垢(しこう)、プラークとなって取り付き、それが引き金になって起こります。
歯垢は正しい歯のみがき方の指導を受け、きちんとしたブラッシングをすることでかなり取り除くことができます。でも、この歯垢をそのままにしておくと、歯肉と歯の間に歯石ができてしまいます。
歯石は専門家に取ってもらわなければなりません。これを歯石除去(スケーリング)といいます。

歯石とスケーリング

● 歯石とスケーリング
歯の表面についたプラークに、唾液中のリンやカルシウムがまじって石灰化したものが歯石です。
非常に硬く、自分ではとれません。専門家に超音波スケーラーやキュレットなどの特殊な用具を使って取り除いてもらいます。
スケーリングをすると、歯と歯の間にすきまができて、かえって悪い結果になったように思う人もいますが、それはたいへんな誤解です。むしろ今まで歯がピッタリしていたのは、歯の間にカスがたまっていたからなのです。
スケーリングは、歯と歯ぐきを病気から守る有効な方法です。

歯周病治療前

治療前

歯周病治療後

治療後

● 定期的にスケーリングを!
歯石は一度きれいに取り除いても、また長い間にはたまってきます。正しいブラッシングを心がけることが第一ですが、やはり定期的な検診を受け、そのとき一緒にスケーリングを受けるのが最善です。
40代になったら年2回はスケーリングを受けて、歯周病の予防につとめて下さい。
あなたも定期的に歯をチェックして、いつも美しく健康な歯でいてください。

このページの先頭へ